整理収納の一歩は「写真を撮ること」から

たまに、こんなご質問をいただきます。

「整理収納しなきゃと思うのだけど、なかなか腰が上がらないんです。

どうすれば実行に移せますか?」


私は、その答えはこれしかないと思っています。それは、

「家に帰ったら、まずは携帯電話で、お部屋の現状を撮影してください。

そして今日のうちに、友人へ、1か月後自宅を見せる約束をしてください。

すぐに実行に移せますよ。」


お部屋のビフォーを撮影すると、目の前に見えているお部屋なのに、

画面越しだととても汚く感じるものです。

私はこれを「第三者の視点」と呼んでいます。


毎日鏡で自分を見ているのに、撮影された自分の姿を画面で見ると、

「痩せないと…」「姿勢を正さないと…」と思うように、

第三者の位置から見ると、客観的に観察することができます。


普段生活しているお部屋の状態、いかがですか?

「住まいは住む人の鏡」という言葉があるように、

部屋が散らかっているときは、心も集中できていないのかもしれません。

言い換えると、部屋を整えれば、心も整うはず。


本人は慣れてしまっていて、あまり、「散らかっている」と感じないものです。

不思議ですが、収納サービスでお客様宅に行ったときに撮ったビフォーを、

作業後に撮ったアフターとともにお客様に見ていただいたら、

「こんなに散らかっていたかしら?!」とびっくりされます。


写真を撮り、友人にメールをする。これをぜひ今日のうちに。

そして、「こんな部屋に住みたい」と思える写真をネットで探して、いつも見るようにしましょう。

過剰なモノの量が目で見てわかるはずです。やる気がみなぎってきましたか?


自分を客観的に知ることが、大きな1歩となります。

ご一緒に「今日から1収納」、頑張りましょう!


整理収納アドバイザー 資格取得応援サイト

整理収納アドバイザー・西口理恵子が、ハウスキーピング協会認定資格「整理収納アドバイザー」の資格取得を応援するサイトです。